熊本県内の外壁塗装や屋根塗装なら村山塗装にお任せください!仲介業者は一切挟まずに、低価格でお客様が満足いく工事を行います。

株式会社 村山塗装

columnコラム

2019-11-29

[コラム]教えて村山さん!#2 〜住宅塗装の流れ〜

さてさて、10年に1度と言われている家の塗装ですが、
実際やるとなるとどんな流れで進んでいくのでしょうか?

Mファミリーの例で見ていきましょう!
二階建て一軒家、築9年の住宅にお住まいのMファミリー。
そろそろ塗装を考える時期が近づいてきています。
2階建住宅
よし!一度、村山塗装に電話してみよう!
トゥルルルルル…
村「はい!こんにちは村山塗装です。」
M「こんにちは。家の塗装を検討しているんですが…。」

まずは、電話orネットでの問合せ


Mさんの場合、最初の一歩は電話問い合わせでした。
ですが、電話はちょっと…という人もいらっしゃいますよね?
安心してください、その場合は村山塗装のホームページからの問い合わせが可能です!
最近はデジタル化が進んでいるので、村山塗装でもホームページからの問い合わせの方が多くなっています!
https://murayama-tosou.com/contact/

問い合わせの次は、現地確認!


村山塗装の場合は、問合せ後に日程を決め、現場の確認という流れになります。
きちんと現場を確認していないと、どのような工事が必要か?どのような塗料が最適か?住宅に不具合がないか?何人で何日で仕上がるか?などの判断材料が得られないためです。
そのため、村山塗装ではしっかりと現場を視察して、お客様の話を聞いた後にお見積もりを作成します。
しっかり視察ができていないと、あとから「やっぱりこれが必要だったので、あと○万円必要です。」なんてことになりかねませんからね。
現地確認は非常に大事な最初の作業になります。

お見積もり・契約


視察をした上で、修繕が必要な箇所の説明や、塗り替えの塗料材などをお客様にご提案します。
そして全てが決まった後に、お見積もり作成の流れとなります。
そして、そのお見積もりで納得がいけば契約書を交わすことになります。
その後は、カラーリングのシュミレーションを行い、色決めなどを行っていきます。
塗装は、家の劣化を防ぐための大切な役割もありますが、塗り替えの色によってデザイン性もかなりアップします。
外壁の色を変えることで、新築同様の見た目に生まれ変わるので、そういった楽しさも塗装にはあります。

塗装の大体の価格は?


10年に1度とはいえ、一番気になるのは、やはりお値段ですよね。
ざっとのイメージですが家全体(屋根含む)の塗装をするのであれば、だいたい100万円前後を考えておけばいいようです。
ちなみに村山塗装は、下請け会社を使用せずすべて自社で行うことで低コストでの施工をしています。

信頼できる実績


100万円ってかなり大きな額ですよね。そんな大金をかけてするのであれば、やはりしっかりした会社にお願いしたい!
その点、村山塗装はお客様満足度特別賞や施工実績ランキングでの受賞履歴があるので、そういった点が安心材料になります。
そんな実績や信頼のある村山塗装さん、実は塗装業界ではかなりの人気店で施工まで3、4ヶ月待ちのこともあるそうです(※時期によって変わります)
それでも不安な方は、ショールームへ足を運ぶことをおすすめします!きちんとした塗装会社さんは、ショールームなどを構えて、お客様へ最善の提案ができるよう見たり、触れたり、実際に体験できるようしっかり準備してありますので。

工事スタート!


ということで工事がスタートしました!
まずは、M家の周りに足場が組まれ、青いネットが囲まれ、窓などに養生シートが貼られたのちにいよいよ塗装開始です!
ちなみに村山社長が自ら現場の第一線で工事をしています!現場主義の村山社長、かっこいい!

塗装のためには、まず汚れを落とすところからです。しっかりと汚れを落としたのちに下地を塗り、ペンキを塗っていきます。一般住宅で工事期間は10〜15日。
ちなみに工事期間中も普段通り家で生活ができるので安心してください。
工事スタートから約二週間後には、新築同様のピカピカの家ができあがります!
こりゃ毎日帰るのが楽しみになっちゃうな!

工事完了後のお支払い


全ての工事が終了したのちに、塗装代を支払えばすべて完了です!